風俗で女教師のエロ授業

気付いたのは、「人として」です

女の子が男に性的なサービスをしてくれるのが風俗であることは言うまでもありません。それは大前提と言うか、それこそが風俗という世界の醍醐味でもあると思うんですけど、でも風俗嬢だって一人の女の子というか、一人の人間であることは間違いないんです。この点をどれだけ意識してあげられるのかによって楽しさも全然変わってくるってことに気付くようになりました。昔の自分は風俗嬢に対して丸投げというか、極端に言えば「はい、じゃあ楽しませて下さい」というスタンスだったんですよね(苦笑)これではさすがに風俗嬢としてもどのように接すれば良いのか分からないんじゃないですかね。何せ風俗嬢側はこちらとは初対面なんです。さらに言えば、ホームページでお客のことを調べるなんて出来ませんしね。本当の意味でそこで「初めて」相手の存在が分かるんです。それで丸投げにされても手探りなものになるのは当たり前じゃないですか。だからこそ、人としてという気持ちが大切だなって。

時間の限り探しますね、風俗は

風俗で遊ぶ時、決して優柔不断ではないとは思っている自分でもかなり悩みます(笑)その悩みも広い意味では風俗がもたらしてくれる楽しさということになるとは思うんですけど、他のことに関しては割とすぐに決められる自分も、風俗に関しては誰にするのかでかなり悩まされるんですよね(笑)時間が許す限り探すのも、結局一人に絞り切れないと言うのはありますね。誰を指名しても楽しめるだろうなとは思うんですよ。それくらい魅力的な子が増えているのは間違いないんですけど、その一方で、体は一つしかないですし、ましてや風俗は毎日のように遊ぶものでもないだけに、どうすれば良いのかってことでどうしても悩まされると思うんですよ(笑)だからこそ、ポータルサイトを見てはどのお店にしようか悩みますし、お店のホームページにアクセスしては誰にしようかなと悩むことになりますが、あれこれ悩んで導いた答えは常に外れがなく楽しませてもらっているので良いかなと(笑)