風俗で女教師のエロ授業

拘束プレイもやってみたかったんですよね

前々から興味があったプレイをようやく実践出来ました。それは拘束プレイです。どういったプレイになるのか自分でもかなり期待していましたけど、予想以上に素晴らしいものでしたね。何が素晴らしいって、マゾな自分のマゾな気持ちをこれでもかと満たしてくれたと思います(笑)当たり前ですけど、拘束だけじゃなくて、こちらへの攻めも慣れているんです。だから相手の風俗嬢に任せていたら、気付いたら自分でも未知の領域にまで連れて行ってもらえたような気がします。想像以上というか、想像していなかった世界がそこにありましたね。これは風俗だけでしか味わえないものだと思うんです。いくらセフレがいたとしても、拘束するための道具も必要だし、拘束されている男とを攻めるテクニックだって必要じゃないですか。すべてが揃っていたからこそ、自分もとっても楽しませてもらいましたし、この趣味で間違いじゃなかったなって改めて気付かされたような気がするんです。

タイプは大切だとは思いますけどね

どんなタイプが好きなのかは人それぞれだとは思いますし、大切なことだとは思いますけど、でも風俗では必ずしもタイプとでなければ楽しめないって訳じゃないと思うんですよ。これは風俗だからこそというか、基本的に女の子たちからすれば男はお客なんです。お客を満足させるのは仕事なので、合コンやコンパなどのように、好みの男じゃないから不愛想になるってことはないんです。とりあえず相手のお客を満足させるために、真剣に楽しませようとしてくれるのは間違いないんですよ。だから風俗で遊ぶ時、タイプではない女の子を選んだとしても楽しませてもらえるのは間違いないんです。こっちが接客される側なので、好みなのかどうかとか関係ないんですよ(笑)それなら、時には自分があまり興味がないタイプだったり、好みとは言い切れないタイプの風俗嬢と楽しんでみるのもそれはそれでとっても楽しいんじゃないかなって思いますし、自分もいろんな子と遊んでいますよ。